ジャンクノートパソコン dynabook PX/34J Windows7インストール SSDの威力に歓喜!

皆さん、こんばんは。
コラコラ
大事なパーツが仕舞ってある棚で遊ばないの!
愛猫のまるがイタズラをして困ります
大事なパーツを壊されたら大惨事ですわ
Img_1919.jpg 
もう!
狭いところ好きなんだから!


さて、前回の続きです。

Windows7をインストールしていきますよ。
Img_2067.jpg 

Windows7 Home Premiumのインストールディスクを持っていますからね
ジャンクノートパソコンの裏に張り付けられたライセンスを使ってインストールです。
Img_2066.jpg 
見慣れたインストール風景ですね。
Img_2068.jpg 
後はスルスルとインストールを進めまして
無事にライセンス認証も通りました。
Img_2070.jpg 
今回のモデルは発売時期がちょうどWindows7が出る直前だったモデルなので
嬉しい事にメーカーサイトにWindows7用のドライバーが全て用意されていました。
全てダウンロードして適用しました。
かなりラッキーな事例だと思います。
通常はジャンクノートを手に入れたらドライバーの入手が難儀ですからね。


ソフトは何をインストールしようかと思案しましたが
ノートパソコンの使い方なんて、WEB観覧、動画観覧、ブログ執筆、ビジネス文書作成、あとはご近所さんへの案内文書作成くらいでしょ
Office入れとけばバッチリでしょ。
満を持して、昔、ジャンク500円で買った OfficeXPを導入です。
Img_2071.jpg 
最近はブラウザはすっかりChromeなので、Chromeもインストールして
SSDの健康状態を調べるためのCrystal Disk infoとディスク速度を図るための
Crystal Disk Markを導入したら
あとは何入れよう?
そんなもんでしょう?
このスペックではゲームは無理ですからね。
TOSHIBAさん独自のソフトもすべて用意されていたいんですが
全く興味なし(;´・ω・)
一つだけ簡単無線接続みたいなソフトがあったので試してみましたが・・・
Img_2072.jpg 
まったく使えない!
なにこのクソソフト・・・
ブツブツ・・・・


正直、メーカー製パソコン買うといっぱい独自ソフトがついてますが
いらんもんばっかりですね。

ここで一番気になっている事。
果たしてこのSSD
ちゃんとSATA300の速度で動いているのか?
マザーボード側がSATA300まで対応していればいいのですが(;´・ω・)
それを調べるにはCrystal Disk Markで速度を調べれば分かります。
早速実行してみましたよ
結果は・・・・・・・・


















ssd mark 

この結果は間違いなくマザーボード側はSATA300仕様になってます。
本来はもっと速度が出るSSDですが、これだけ出れば文句は無いです。

さあ、肝心の動かしてみた感想です。



















なにこれ!サックサックやん!

いや、正確に言えば爆速のSSDを使ったディスクトップパソコンばっかり普段使っているので
それに比べればサクサクではなくてサクくらいです。
それでも全くストレス無く使用可能です。
SSD導入の効果は半端ねぇっす。

いやー、これだけサクサク動くと、CPU交換とかメモリ増設だとか
必要に感じませんわ。

まあ、でも8年前のパソコンですからCPUグリスが固まって冷却効果が薄まっているはずですから
分解してCPUグリスの塗り替えはしたいと思います。


というわけで
次回は分解ですよ!



お楽しみに!
                        

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村                         
自作PCランキング                         

ジャンクノートパソコン Dynabook PX/34JのSATA150スロットにSSDが取り付けられるのか!?

皆さん、こんばんは。
引き続き、ジャンクノートパソコンの復活劇になります。
皆さん?興味がおありなんでしょう?

それでは早速はじめてみましょうか。
このジャンクノートパソコンの最大のウィークポイント
それは不良セクタが出まくりのHDDです。
不良セクタが出ている事もさる事ながらSATA150仕様のため
激遅でこのパソコンの体感速度を著しく低下させております。
2009年発売のノートパソコンにSATA150を搭載するなんて
頭抱えて悩んじゃうレベルです。
なんでもDynabook PXシリーズは極限までコストを抑えて
消費者に優しい価格で提供する事を目的にしているそうですが
ここまで抑えたハードスペックなら6万円くらいでしょうね。
TOSHIBAのブランド代であと6万円上乗せで12万円なんでしょうね。
批判的でしょう?
いやいや、ただただ、いつも量販店でピカピカに光って売ってるノートパソコンが買えない
貧乏親父のひがみ発言なんでスルーしてください。

今現在、BIOSを確認するとHITACHIのハードディスクが認識されております。
Img_2049.jpg 
これをですね。

SSDに換装するわけですよ!!

SSDは先日新宿で手に入れたSandisk のSDSSDA120Gを使います。
記事が前後して申し訳ないですが
このSSDはまだ全部はアップしていないUbuntu系OS遊びに使ってたんですよね。
そちらの記事はネタがつきたらまたアップしますね。

最大の焦点は現在SATA150が取りついているジャンクノートのマザーボードに果たしてSATA300/600のSSDを取りつけて認識できるかです。
マザーボード側がSATA300以上を認識できなければすべてが終わりになります・・・・

さあ、作業をはじめましょうか・・・・ゴクリっ

ジャンクノートパソコンの裏替えしまして、まずは電気ショックを与えないようにアダプタを外し、バッテリーを外します。
Img_2053.jpg 
外し方とかは勘でやられる方も多いと思いますが
思わぬ事故防止のためにはマニュアルをダウンロードしてみておいた方がいいですよ。
僕は既に熟読してあります。
前面左側にHDD搭載スペースがありますので、ネジを外してHDDとご対面です。
Img_2054.jpg 
画像に見えるひもを左に引っ張るとHDDがスポッと外せるようになっておりました。
接続端子は普通のSATA用ですね。
Img_2055.jpg 
HDD取り付け用ソケットをネジを外して取り外し、代わりにSSDを取り付けます。Img_2057.jpg 
厚さ7mmのSSDが薄くて合わないかと思いきや
なんとピッタリでした!
これにはテンションあがりました。
少し抑え気味に右にスライドしてSSDを装着しましたよ。
Img_2059.jpg 
ここまでは順調に進みました。
問題はこの後です。

果たしてこの去年発売されたばかりの新しいSSDを2009年のジャンクノートパソコンが認識できるのか?
















予想はどうですか?












そんなの無理じゃんって思ってるでしょ。









はぁ・・・・・・・・・・・
やっぱり、無理なのかなーーー?


























無事認識!!!
イエーイ!
Img_2060.jpg 

なんと認識されましたよ。
しかもそのまま電源入れてみたら、UbuntuOS系遊びの時に入れておいた
Ubuntuが普通に起動( ´艸`)
Img_2063.jpg 

ジャンクノートにSSDが使えるがな!!!

一気に能力アップの予感。
OSはこのジャンクノートにはWindows7 Home premiumのライセンスがついてますので
Windows7を入れますよ。

長くなったので

次回からWindows7のクリーンインストールから再開しましょうか




それでは!


                        

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村                         
自作PCランキング                         

ジャンクノートパソコン dynabook PX/34Jは動くのか?!

皆さん、こんばんは。
暑さも落ち着いて過ごしやすかった本日
おかげで調子が上がってまいりました。
例のジャンクノートパソコンの続きでも書きましょうかね。

アダプタを差し込んで、コンセントにON!
勇ましくインジケータが光りだしましたよ!
Img_2037.jpg 

これは期待できるかも!!

恐る恐る電源ボタンを押下してみました。
ブーンと起動するジャンクノートパソコン。
BIOS画面が出るのかと思ったら、Windows7を起動しだしましたよ?
Img_2041.jpg 
どうなるのかとドキドキしながら見ていたら、普通に起動しましたがな!
Img_2043.jpg 
これ、ジャンクじゃなくて中古じゃないの?
と思わせるような、あっけない起動。
モニターもおかしなところは見当たらず、当たりを引いたんだと大喜びです。
操作してみた感じは、さすがにスペックが低いのでサクサクとは言えません。
でも、会社で使っているCore i5マシンよりキビキビしているのは
きっとリストア直後だからでしょう。
OwnerというユーザーでHDDのリカバリ領域からリカバリーをかけた状態です。
モニターもキーボードも無線もUSBも大丈夫でした。
無傷とうのは大変ありがたい事です。
問題は店主の言っていた不良セクタがあるという話。
とりあえず、Windows側での不良セクタの認識状態を確認するため
ディスクのエラーチェックをかけました。
結果は不良セクタ無し。
Img_2046.jpg 
つまりはHDD側できちんと不良セクタを使わないように制御しているはずです。
そこでCrystal Disk infoを実行してみました。
HDD注意 
なるほど店主の言っていた意味が分かりました。
代替処理済みのセクタ数がそれなりに発生しています。
この状態で不良セクタが増え続けて駄目になるケースと
このままの状態で使い続けられるケースの2パターンを経験しています。
昔、ハードオフで買った中古HDDは注意の状態でもう3年も使っているけど全く問題なく使えています。
一方で先日、メイン機のHDDが壊れたときには、注意から一気に使用不能になりました。
この状態のまま使い続けるという選択枠もあるのですが、
それ以上に気になることが・・・
転送モードの所を見てください SATA/150になっているでしょう?
まさかのSATA150仕様・・・・・
転送速度が激遅のHDDだという事が判明!!

ここでこのノートパソコンのスペックを確認してみましょう

CPU:celeron 585(シングルコア)
メモリ:PC-5300 667Mhz 1G×2(空きスロット無し)
HDD:SATA150 160Bバイト
無線:IEEE802.11n 11b/g
モニター:15.4インチワイド

モニターサイズを除けば、XP時代のスペックですね・・・・

動けばいいというものでもない気がするのですが
これがノートパソコンのスペックというものなのでしょうか
2009年当時、12万円で売られてたんですよコレ
2009年に12万円もあったら5倍の能力の自作PC組めちゃいますね
やっぱりノートパソコンは高い!
そんなんだから僕はノートパソコン買わないんですけどね。
(でも憧れはある・・・だからジャンク買ったしw)

しかし!スペックが低いのなら!
自分でスペックアップすればいいじゃないか!
我々自作erはそれができるのだから!!!!

まずは今にも死にそうなHDDから手をつけましょうかね。



次回をお楽しみに!


それでは!
                        

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村                         
自作PCランキング                         

ジャンクノート dynabook PX/34Jを買った

皆さん、こんばんは。
梅雨明け宣言が出たと思ったら、長雨・・・・
はぁ?

さて、本当はLinux系OSの続きを書こうと思っていたのですが
あまり興味が無さそうだし
このブログ、ジャンク隊って名乗ってる割にはジャンクをぜんぜん扱ってないし
ジャンクノートを買った記事を書いて
一気に盛り上がろうっていう趣旨です。

出会いは暑い日の事でした。
最近は中古屋のある松本に行く機会が多くなりました。
しかし今回は娘の車で出立したのです。
夢大陸から中古の出物を沢山買っている店まで約1km
暑くてうなだれるような気候の中
トボトボと良い出会いを求めて歩きました。
やっとの思いで店に着くと、外の喫煙所でIQOSで一服。
この前見たジャンクノートが安くなってないかな?
そんな期待があったので、すぐさまジャンクノートの元へ
しかし無情にも値段は変更なく、税込みで約6000円。
僕の見立てでは7,8年前のジャンク扱いのノートパソコンです。
よく見たら、ハードディスクに不良セクタがありますと書いてある。
という事は動くって事ですよ。
動かなきゃ確認できないですから。
さらに発売当初はVISTAだったOSもWindows7にアップデート済みと書いてあり
裏も観たらWindows7のプロダクトキーもついてました。
6000円が一気に安く感じた瞬間!
しかし、残念ながら手持ちは3000円・・・・・。
どうやったって買えないことは分かっており
他に何かないか見ますが、もう頭の中はジャンクノートの事でいっぱい。

暑い暑い松本の街をトボトボ帰る僕。
誰かが後ろから見たら、きっとパチンコで大負けでもしたんだろうと思えるような後ろ姿。
どうしても頭の中からジャンクノートが消せない
欲しい!なんとしても欲しい!

夢大陸で家族と合流すると切り出しました

3000円・・・・・貸してくれないか・・・・・

当然、何に使うのか?返せる見込みはあるのか?
聞かれますわな
言ってやりました!
必ず返すから今回ばかりは貸してください!!

するとしぶしぶ借りることができました。
とって返して娘の車で中古屋へ
入店するが早いか、すぐ店員を呼んで購入しました。
注意されたのは
不良セクタがある事と、返品不可の事。
もちろん覚悟の上、さっと支払いを済ませると袋に入れてもらって
ルンルンで帰ってきました。
Img_2033.jpg 
流行りの大型15.5インチ液晶。
筐体は綺麗でしたが、一か所ひび割れがあります。
まあ使用には問題ないと思わてます。
Img_2074.jpg 
液晶は綺麗なもんです。
割れもありません。
問題は表示してみてどうかですね。
キーボードは押してみた感じで変なところは無かったです。
Img_2035.jpg 
僕はジャンクノートを買うのは初めてなんで、かなり焦ったのですが
確かに発売は2009年で8年前のノートパソコンで間違いないのに
スペックがあまりにも低いのです。Img_2036.jpg 
ノートパソコンに対する知識不足がいけないんです。
まさか2009年発売でCeleronのシングルコアが載ってなんて夢にも思いませんでした。
メモリ2Gはまだいいにしても無線が11gしか使えない・・・
う~ん・・・うちの環境でまともに11gで無線できるだろうか・・・・
しっかりラベルが貼ってあったのにちゃんと見なかったのです。
2009年発売なら
当然CPUはデュアルコアでSATA2のHDDでメモリは800Mhz辺り、無線も11aに対応でウハウハだなと決めつけてました。
なんて愚かだったのか・・・・

その愚かさは、実際に動かしてみてさらに浮きぼりになるのです。
次回までお待ちください


それでは!
                        

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村                         
自作PCランキング                         

サブ機をWindows8.1にアップデートする

皆さん、こんばんは。
実はUbuntu系OS企画はまだ続くのですが
ちょっと似たような記事が続いていも飽きちゃうかなって思って
Windowsの記事を間に挟むことにしました。


さて、サブ機は現在、未だ人気のWindows7を入れてあるわけですが
あの不人気なWindows8.1にわざわざ更新する意味があるのですよ。
Windows8が出たころってSSDが普及しだした頃なのですよね。
SSD使うならWindows7よりもWindows8系の方がベストなんです。
一番の違いはドライブの最適化でトリムが使える事。
SSDはハードディスクと違い、ファイルを削除しても、その領域は解放されないんですよね。
そのため、書き込みが増えていくと、書き込み領域が飛び飛びになってしまい
速度低下を引き起こすんですよ。
それを防止するにはトリムを実施して領域を解放してあげなくてはなりません。
いちお、Windows7にもトリムは実装されているものの
実行タイミングが自分で決めれないんですよね。
さらにWindows8系には起動を早くする高速ブートがあるので、スタートメニューがパネル式になってしまって使いづらい面はあるものの
得るものは大きいのです。
Img_1934.jpg 

早速やってきましょう。
まずは自作のWindows8イントールディスクを投入。
ね、貧乏くさいでしょw
Img_1936.jpg 
もうすっかり見慣れた画面ですね。
Img_1938.jpg 

ドン!ダン!パーン!と
インストール完了。
Img_1939.jpg 
一旦、Windwosアップデートを全部当ててからの
Windwos8.1化。
Img_1944.jpg 
ドライバを充てない方もいらっしゃるようですが
僕の流儀ではすべてのドライバを充てる事にしています。
マザーボードのHPからダウンロードして全て充てました。
ドライバ充てる 
全て導入し終わって、念願のトリムを実行しました。
RAIDで組んでる場合でもintel7シリーズ以上で
比較的新しいRAIDドライバーがインストールされている場合に限りトリムが可能です。
トリム可能 
おかげで、RAIDで組んでるSSDの速さもこんなに向上
80mark disk 

シーケンシャルで900とか早すぎなんですけどw

ただ、残念だったのはWindows7時代のSOUND BLASTER X-FI TITANIUM HDのインターフェイスって
こんなにカッコよかったのに・・・・
010.jpg 

Windows8.1用はユーティリティは全てドライバソフトに吸収されてしまい
こんなに簡素に・・・・・
監視 

そこだけはちゃんと用意して欲しかった・・・・Creativeさん・・・・

いろいろあって嫌われたWindows8系だけど
スタートメニューが使いづらい以外は起動は早いし、動作も軽いし、SSDも絶好調だし、良いOSだと思うのですけどねー。

それでは!
                        

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村                         
自作PCランキング                         
最新記事(サムネイル)
タニタ 体組成計 スマホ対応 RD-903-BK を買った Aug 13, 2017
【修理】ジャンクモニター LG電子製W2246の意外な修理法とは?【復活】 Aug 07, 2017
ジャンクモニター LG電子製W2246 コンデンサ交換  が!? しかし!? Aug 06, 2017
【分解】ジャンクモニター LG電子製 W2246の修理【状況確認】  Aug 05, 2017
【分解】ジャンクノートパソコン Dynabook PX/34j【グリス塗替】 Aug 02, 2017
プロフィール

yamazakura

Author:yamazakura
長野に生息する熊こと山桜でございます。
大きな体でジャンクをいじって遊んでおります。
良かったら、ゆっくりしていってくださいね☆

最新コメント
カテゴリ
桜舞い散~~る~~♪
所有自作PC
メイン機

CPU:Core i5 4690S
Cooler:Scythe Ninjya3
MOTHER:ASUS H97-Pro
MEM:CFD W3U1600HQ-4G 4G×2
SP008GBLTU169ND2 4G×2
VIDEO:GV-N105TWF2OC-4GD GTX1050Ti
SSD:SUMSUNG SSD 850 EVO
HDD:DT01ACA300 SATA600 3TB
BD:IHOS104-06
Power:SST-ST60F-PS
Case:Define R5 Window Ti
Monitor:RDT23IWMS-D
keyboard:Logicool K740
Mouse:Logicool M705t
Speker:Sony compo speker
AMP:TA2020-020
Sound Card:ASUS Xonar DG
Fan:UCCL12 White
OS:Windows10 Pro
マスコットキャラ
ハマーちゃん




RE機
(Reuse&Ecology)

APU:Sempron 3850
MOTHER:ASUS AM1I-A
MEM:CFD DDR3 1600Mhz 4G×1
VIDEO:APU Onboard
CASE:ThermalTake Core V1
POWER:1P-P300BN7-2 300W 80Plus
HDD:WD10EZEX 1TB
MOUSE:Logicool M510
SPERKER:VGP-D17SM1
TUNER:KEIAN KTV-FSPCIE
FUN CONTROLER:PMW-MASTER
MONITOR:SONY VGP-D17SM1
OS:Windows10 Pro
マスコットキャラ
REちゃん




嫁機

CPU:Core 2 Quad Q8400
MB:MSI P45NEO-F
MEM:DDR2-800 1Gx4
HDD:SEGATE 250GB
Power:Abee ZU-520 500W
Video:MSI N720-2GD3H/LP
Case:KEIAN K3D-1801 RE
Monitor:IO-DATA LCD-AD195V
PC Sperker:USB Sperker
Keybord:Logicool K270
Mouse:Logicool Wireless Mouse M325
OS:Windows10 Home 64bit



棚置き機

CPU:Core i5 660
MB:ASUS P7H55-M Pro
MEM:CFD 1333Mhz 2G×4
SSD:CFD CSSD-S6T120NMG1Q 120GB
Power:HEC Win+Power3 700W
Video:On Board
Case:MAMORU-BK
Monitor:LG L194WT
Sound Card:ASUS Xoner DG
PC Sperker:KENWOOD SV-3MD
Mouse:ELECOM MA-G13PK
Keyboard:ELECOM TK-FDP071
OS:Windows10 Pro



娘機

CPU:Core i5 760
MB:P7P55D-E
MEM:DDR3 1333Mhz 2G×2
HDD:Segate SATA600 500G
Power:HEC Win+Power2 550W
Video:ZT-40401-10P GTX460
Case:ZALMAN Z3 plus
Monitor:REGZA
Mouse:Logicool M325
OS:Windows10 Pro


サブ機

CPU:Core i3 4150
Cooler:KABUTO SCKBT-1000
MOTHER:ASUS H87M-PLUS
MEM:TEAM TXD34096M1600HC9-D 4G×2
VIDEO:GV-N65TOC-1GI GTX650Ti
SSD(RAID):INTEL SSDSC2CT12 120G
KINGMAX SSD 120C 120G
DVD:ASUS DRW-24D3ST
Power:HEC WIN+Power3 700W
Case:Silver Stone SST-PS07B
Monitor:S191HQL
keyboard:Logicool K230
Mouse:Logicool M545
Speker:Onkyou GX-70HD
OS:Windows7 Pro 64bit
カウンター
ランキングサイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
520位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンドウズ
134位
アクセスランキングを見る>>